三ノ沢岳カール、宝剣岳二ノ沢  滑走 ( I江 )

【山行形態】 山スキー

【日  時】 5月13日(日)
【場  所】 中央アルプス 三ノ沢岳
【メンバー】 I江 単独 ※別計画 同一行動メンバーあり
【山行概要】
 昨年連休の後半、Tr田さんと中央アルプスに来た折、伊那前岳方向から見た宝剣岳のルンゼ(二ノ沢、三ノ沢等)を見て次はあそこを滑りたいと思っていた。また、その時は木曽駒方面を中心に登り滑ったので、今度は、伊奈川源流、三ノ沢岳方面と絡めていければと考えていたところであった。そんな中、四月にS木さんが、三ノ沢岳に速攻で登り・滑られた記録がブログに載せられたので、ますます行きたくなった。先の連休最終日に企画したものの、悪天候で断念し、今回はリベンジの企画となった。
 今回の山行は、会としてはI江単独ではあるが、会社の仲間が別計画で同行することなり、実質二人での山行となった

 

晴天の下、始発8:00の始発のロープウェーで上がり、予定通り中央アルプス 千畳敷から三沢岳往復 宝剣岳二の沢を滑走し千畳敷に戻り13:00のロープウエーで下りました。御嶽山、北アルプス、南アルプスなどの展望もよく、朝は低温のバーンを心配したが、風も無く温度の上がりも早く、千畳敷に上がった時点ですでに緩み始めていた。結果、伊奈川源流部、三ノ沢岳カール、宝剣岳二の沢とも適度な”ざらめ”で快適な滑走となった。
 三ノ沢岳からの戻りは、高度を下げないよう早めに稜線に上がったが、一部にはナイフリッジ状の箇所もあり、アルペンチックな稜線歩きも楽しめた。

 留守本部のM森さんありがとうございました。

【コースタイム】
7:12菅の台バスターミナル →<バス>→ 8:00しらび平 →<ロープウエー>→ 8:10千畳敷(2650m付近)8:25 → 8:55極楽平(2830m付近) → 9:05三ノ沢岳分岐下9:20 →<滑走>→ 9:30(シール装着)9:40 → 10:30三ノ沢岳(2846m)10:45 → 12:20三ノ沢岳分岐(2880m付近)12:40 →<二ノ沢滑走>→ 12:45千畳敷(2650m付近13:00 → 13:10しらび平 → 13:40菅の台バスターミナル 

 

【写真・GPSデータ】

 ※  本HPフォトギャラリーに、写真多数アップしてあります。

 

東京スキー山岳会にご関心をお持ちいただいた方はどうぞお気軽にお問い合わせください。(⇒お問い合わせ

例会見学歓迎です!(日時はこちらをご参照)