富士山 吉田大沢   (L: K下)

【山行形態】 山スキー

【日  時】 2012 5/20(日)
【場  所】 富士山 吉田大沢
【メンバ-】K下L、Tr田、N野、I江
【山行概要】
 予定していた剣岳の計画が中止となり、週末の計画に悩んでいたところ、お声がけをいただき、同じく剣組みN野さんと共に、K下さん、Tr田さんの”富士山吉田大沢”の計画に同行させていただいた。
 朝3時に富士スバルラインゲートに集合。五合目の駐車場に移動し準備を整え4時45分まだ暗い中出発。歩くうちに白々と周りが明るくなってくる。下部は雪は少なく夏道を行くが、七合目の花小屋(2700m)からは、アイゼン登高に切り替える。雪面は結構固く、昨日緩んだ形のまま固まっている。途中休みを一回入れ九合目の鳥居手前の大沢がよく見える地点まで一気に登るが、まだ、雪が固いことからでしばらく様子を見ることとする。50分ほどゆっくりし、少し雪が緩んできたことから山頂までのひと登りに取り掛かる。40分ほどで山頂に到着。(途中の雪待ちを除き、五合目より実質、4時間20分(小休止を含む)) 山頂にはまだ人は少ない。下を見ると結構登ってくるのがみえた。山頂でも雪待ちで30分ほどすごした後、ドロップポイントの白山岳手前のコルに移動、滑降準備に入る。 ※ 以下、”続きを読む”をクリック 

 今回、K下さんは白草流れに続きテレマーク、Tr田さんは、今後の山行をイメージし何と革製のテレマークシューズと120cmほどのショートスキーでの参戦、なかなか挑戦的なしつらえだ。

いよいよドロップイン、雪はだいぶ緩んでいる。また、昨日かどうかはわからないが新雪の部分があり、これが乗っている場所は結構滑りにくい。雪は硬かったり、新雪のところがストップ雪的であったりで、中盤までは皆なかなか苦労しながらの滑走となる。その中ではやはり、最近テレマークの調子が良いというK下さんは、華麗にテレマーク姿勢を決めている。その他のメンバーも、広い大きな斜面を楽しみつつ高度を下げていく。天候も晴天とはいかないが高曇りで問題なし、上部で一度雲に入り視界が落ちたがすぐに回復、中盤から下部はザラメとなり、ずいぶんと滑りやすくなった。雪は結構下までつながっており結局六合目の指導センターの近くまで滑ることができた。約1時間ほど滑走終了。

 後は、夏道をたどり五合目へ、12時35分に駐車場に帰還。
 先日の白草流しの時は山頂まではいけなかったが、今回は山頂まで上ることができ、一気に約1200mの滑降を楽しむことができた。

また今回、山頂でN野さんがアマチュア無線交信を試みた、八王子の友人との交信は成功したものの、残念ながら千葉方面のM森さんとの交信は上手くいかなかった。。

 

 K下さん、Tr田さん、N野さん楽しい山行をありがとうございました。      (報告 I江)                                                                    
 
【コースタイム】
五合目駐車場(2250m)4:45 → 8:20(九合目下 3520m付近 雪待ち )9:10 → 9:45富士吉田口山頂10:25 → 10:30白山岳手前のコル10:45 →<吉田大沢スキー滑降>→ 11:45(吉田大沢雪渓終わり、約2500m付近)11:55  → 12:05六合目 →  12:35五合目駐車場

 

【写真・GPS】

※ 本HPフォトギャラリーに、その他の写真も多数アップしてあります。

東京スキー山岳会にご関心をお持ちいただいた方はどうぞお気軽にお問い合わせください。(⇒お問い合わせ

例会見学歓迎です!(日時はこちらをご参照)