尾瀬燧岳

【山行形態】 山スキー

【日  時】 2012年5月13日(日)
【場  所】 尾瀬エリア  燧岳
【メンバー】 T内(t)L、T内(j)、H野、T田、K俣、M浦、T石
【天  候】 快晴・微風
【コースタイム】   8:10御池駐車場→9:10広沢田代(小休憩)→11:00山頂→11:40滑走開始→12:30御池駐車場
【内 容】
K下氏が仕事の都合で参加できず、計7名のパーティーとなる。
前夜泊の6人は10:00頃からT内氏のジャンボテンで宴会。
翌日は昨日までの強風と雪はぴたっと収まり、若干冷え込み残るが、絶好のコンディション。ゆっくり目のスタートで8時過ぎにH野氏先頭に登頂開始。いきなりの急斜面で、T石一人苦労していた。登りは3時間の手ごろなコースではあるが、上部は広大なオープンバーンとなっており、スケール感も感じられる。そのためか当日は相当の数の人が入山していた。
下手なゲレンデより混雑していたのではないか。山頂で40分ほど休憩し、滑走開始。昨日の雪が10CM程積もっており、それが重く且つバーンが荒れているため、なかなか滑りずらい。テレマーク組みはだいぶ苦労していたようだ。途中ののぼり返しで皆は板を担いで登り返していたが、T内'Sはシールもつけずにスイスイと登りあがっていく。H野氏も負けずに真似てみようとするが、全くのぼれない。下山後も何故登れるんだと、真剣に悩んでいた様子。40分ほどの下りで、お昼には下山。温泉&ソバ組と直帰組みに分かれそれぞれ帰宅。
天候にも恵まれ、春山スキーを満喫できた山行でした。
 
留守本部のA部mさん、同行メンバーの皆さん、どうもお世話になりました。         (報告 T石)

東京スキー山岳会にご関心をお持ちいただいた方はどうぞお気軽にお問い合わせください。(⇒お問い合わせ

例会見学歓迎です!(日時はこちらをご参照)