安房高山、御殿山 自転車+ハイキング

【山行形態】自転車+ハイキング

【日時】   2012年9月15日(土)

【場所】   房総 安房高山(あわたかやま)、御殿(ごてん)山

【メンバー】 M森

【内容】

8:10 家発、9:35 久留里、11:10 安房高山、13:30 御殿山、18:20 家着

 山と渓谷社刊、「分県登山ガイド、千葉県の山」には、愛宕山408m、一度は登ってみたい千葉県最高峰、安房高山365m 地図に山名のない千葉県第二の高峰、御殿山364m ツバキさく千葉県第三の高峰 と紹介されている。(高峰とはおおげさだが)何れも房総半島を縦断する国道410号沿線にある。この内、愛宕山は既に登っているので今回は、第二、第三の高峰を自宅からアプローチに自転車を用い、日帰りで登ることにした。 走行距離136km。登山1.5時間程度であった。

  

 

台風の影響か、青空は見えるが、怪しげな雲が広がっている。東京ドイツ村の手前から幽谷通りに入る。幽谷と名がついているが普通の里山のように見える。交通量が少なく、道路の両側が竹林となっている所もある。市原市内は産廃の不法投棄が目立つ個所もありここも自転車で走るにはちょっと不気味な感じがする。

 一時間強で久留里まで、街中に自噴井戸が多く、この辺りを自転車で走る際は帰路空になったペットボトルに水を汲んで来る。駅前にある「タイコクドウ」とうタイ料理店は手ごろな値段でメニューが豊富、みなさん来られた際は寄ってみて下さい。久留里を過ぎたあたりから雨が降り出す。夕方近くは晴れる予報だったのでカッパも付けず、濡れるまま走る。

 安房高山登山口はR410から林道を10分ほど登ったところにある。登る人は少ないようで入口の標識は目立たず、山頂までの道も一部分かりにくい。今回、底が平らな自転車用の靴(ペダルにビンディングで固定されるタイプ)で来てしまった、雨でぬれた山道は滑りやすい。意外と谷が深く、少々怖い思いをする。山頂は樹林に覆われ、薄暗い感じ、雨も強くなってきたので早々に登山口に戻る。ここから引き返すことも考えたが、家まで二時間近く掛かり、びしょ濡れ状態に変わりないので、予定通り先へ進む。

 御殿山は登る人が多いようで、登山口の標識もはっきりしている。13時過ぎに登り始めたが、急速に晴れてきた。わずか30分ほどの登りだったが、山頂にはシイの大木があり、標高は低いが威厳を感じる。手前に四阿屋があり、ここからの眺めが良い。鋸山、伊予ケ岳、富山といった房総の名山が視界に広がり、その先に東京湾、三浦半島まで望まれる。自転車で往路を戻るが、房総の縦断コース、途中に峠状の登り下りが五か所あり、帰りも楽にはならない。

今回、ライトを持って来なかったので明るいうちに家まで戻りたかったが、家着は18時過ぎ、暗くなっていた。登山と同様、自転車でも遠乗りの際はライト(前後灯)を持つべきであった。

幽谷分校という小学校もある
幽谷分校という小学校もある
造酒屋も多い久留里周辺
造酒屋も多い久留里周辺
安房高山 山頂
安房高山 山頂
御殿山 山頂
御殿山 山頂
御殿山から東京湾方面
御殿山から東京湾方面
今回はロードレーサーで
今回はロードレーサーで
久留里駅前のタイ料理店
久留里駅前のタイ料理店

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    ケロリン (木曜日, 27 9月 2012)

    初めまして。M森の姉です。25年から30年位前は、オールシーズン山登りをしていました。結婚以来山からは遠ざかっています。弟の行動力と体力にはいつも感服していますが、くれぐれも気をつけて下さいね。今回、靴と自転車のライトの件は、少し冷や冷やものです。

東京スキー山岳会にご関心をお持ちいただいた方はどうぞお気軽にお問い合わせください。(⇒お問い合わせ

例会見学歓迎です!(日時はこちらをご参照)