2020年

11月

24日

立山初滑り

【日程】 2020年11月21日(土)~11月23日(月)

【山域】 立山室堂周辺

【メンバー】M森、H間、A部

【行程】

11/21(土) 快晴

  8:50頃 扇沢発 曇り

 10:50  室堂着 快晴 

 11:55  雷鳥荘

 13:30  雷鳥沢キャンプ場 、アイゼン、ピッケル練習他

 15:40  雷鳥荘

11/22(日)快晴から曇り、夜みぞれ、雪

 7:40 雷鳥荘発

 10:10 大走り 2670m 地点

 10:30 滑降開始

 11:30 浄土沢付近

 12:35 雷鳥沢 2545m地点

 14:10 雷鳥荘

11/23(月)曇り

  8:40  雷鳥荘発

  9:15  室堂着

 ・立山室堂 山岳スキー情報の立山センター前積雪は 35~30cm

 今回メンバーにとって、11月の室堂は初めて。例年より雪は少なかったようだが、好天下、新雪を楽しむことが出来た。積雪が少ないからこそか、いろいろなルートを登り、滑る、スキーヤーの雪を求める貪欲さを感じることが出来た。

【行動詳細】

11/21(土)

 前夜の扇沢は小雨、曇天の中、アルペンルートへ。室堂ターミナルから出ると快晴、風弱く、気温も高め、春山のような雰囲気。雷鳥荘に不要な荷を置き、キャンプ場へ滑り込む。昨夜の新雪で雪質は良いが、積雪は少なく、岩がたくさん出ていて、所々で板をひっかけてしまう。しかし、細かな、いろいろなルートにシュプールが見られ、雪が少なくても、探せば滑れるものだと大変参考になった。

 浄土沢は流れが出ていて、橋以外で渡渉すると靴を濡らす恐れがありそうだった。時間が遅かったので、アイゼン、ピッケルで簡単な雪訓をしてから雷鳥荘に戻る。

 雷鳥荘は初めて泊まったが、富山平野の雲海を見ながら入れる温泉や、清潔なトイレ、一杯ずつ豆を挽いて入れる珈琲、浴衣付き、など旅館の様な設備、サービスで、食事もボリュームあり美味しかった。

11/22(日)

 夏道沿いに、大走りを2650m付近まで登った。2500m付近、尾根上のハイ松を避けて、北側をトラバース気味に登る個所は雪が固く、クトーを付けたり、アイゼンを付けて、板を背負った。春山の様なキャンプ地から高度が200m程上がっただけでも、日当たりが悪い斜面は雪が固くアイゼン、ピッケルが必要な状態になり得た。大走りの北側斜面は積雪が多めで、雪質良く、斜度も手ごろ、快適な滑りだった。

 浄土沢付近まで降りてから、雷鳥沢を登る、雲が増えてきたので、2450mまで登り、滑降。こちらは大走りより積雪が少なく、岩の露出が多かったが、雪質は締まっていて滑り易かった。

 夕方から風が強まったが、気温は高め、22時過ぎでもミゾレに近い状態だった。

11/23(月)

 昨夜からの降雪は10cm程、湿った雪で、岩が隠れるほど新雪が増えるのでは、という期待は外れた。帰路の渋滞も考え、早めに下山した。

11/22ルート

気象庁HPより

2020/11/21 9時

等高線の間隔が狭いが室堂では、11時頃は風は弱く、晴天だった。稜線は雪煙が舞っていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020/11/22 9時

高気圧は日本の東に移動、日本海を低気圧が東進。前線が発生し、21時頃には日本海沿いに達した。

 立山周辺は日中は晴天だったが、14時頃からガスに覆われ、夕方は強風、夜は雪。

 

2020/11/23 9時

昨夜の雪は10cm程、等高線の間隔が狭いが、風は弱く、徐々にガスの高度が上がり、上部の視界が開けてきた。